HOME>注目記事>若いスタッフが増えていて業界が活気に溢れている

年齢や経験に関係なく

タクシー

都会の一つの現象と言われているのが、タクシー運転手の平均年齢の若返りです。かつては60歳以上の運転手が大部分を占めていましたが、ここ数年でグッと若返りが進んでいます。要因は幾つかありますが、最も大きいのが年収のアップではないでしょうか。各社が運転手の確保に懸命で、歩合制の利率を良くするなど努力を尽くしています。個々の営業努力によっても変わりますが、稼いでいるタクシー運転手であれば年収が800万円を超えることがあります。努力が直接自らにリターンされるので、仕事に対するモチベーションが上がります。長距離や貸し切りタクシーの場合、更に手当てが上乗せされることになります。

増える女性の割合

タクシー

近年は女性のタクシー運転手が増えていて、きめ細やかなサービスとスマイルが人気を集めています。タクシーの乗務体制は、基本的に二交替になります。一台のタクシーを二人で共有する形ですが、日勤の希望があれば可能な限り沿ってくれます。女性専用の更衣室や休憩所も完備されていて、働く環境が劇的に良くなっています。昼間専門のドライバーであっても、歩合給が採用されていると年収が400万円を超えるケースもあります。運転が好きな方にとっては、まさに天職と言われています。

免許の種類によって

タクシー乗り場

通常タクシー運転手になるには、普通二種免許が必要になります。入社の際には持っていなくても構いませんし、補助を受けながら取得することが出来ます。近年はパック旅行や地域の集まりで、大型タクシーを利用する方が増えています。準中型免許や中型免許を持っていると、各種手当てが付いて年収が上がります。入社後にステップアップすることが可能で、安定した暮らしに繋がる術だと言えます。タクシーの需要は年々増えていて、目指す価値の高い職種と言えます。

広告募集中